現金払いは時代遅れ?

コンビニにはさまざまな商品がありますが、そのどれもが一部を除いて比較的低価格のものばかりです。お財布の中から諭吉が何枚も出て行くような買い物をすることは滅多にないでしょう。だから、現金払いが当たり前、という感覚が消費者の私たちには根付いているのかもしれませんが、実はどんなに値段の低い商品でも、現金で買うよりもカードで買うほうが圧倒的にメリットがあるんです。

さて、このカードですが、発行したコンビニでしか使えないものと、複数のコンビニで使えるものの二種類があります。前者は電子マネー、後者はクレジットカードなんですが、ここでは一番簡単に入手できる、前者のコンビニ専用電子マネーの説明をしていきたいと思います。電子マネーとは、JRで使われているSuicaなどと同じで、あらかじめカードに現金をチャージしておき、カードリーダーにくっつけるだけで清算を終わらせることができるカードのことです。このカードを持っていれば、レジで小銭を出す面倒くささや、まごついている時間などが短縮されるので、朝の出勤時や遅刻ぎりぎりで買い物をするときなど、非常にスムーズに清算ができます。

そしてここが一番の魅力なのですが、ほとんどのカードにはポイント機能というものが搭載されています。これは、利用した額に沿ってポイントが付与されるという機能で、貯まったポイントをお金として使うことができます。大体のコンビニが100円=1ポイント=1円という換算をしているようですが、毎日の細かい買い物を続けていけば、ポイントだけで商品を購入するという効率的なこともできるでしょう。支払いをカードに変えただけで、今の二倍も三倍もコンビニの使い道は広がってきます。消費者に対してなんのメリットも返ってこない現金払いは、もはや時代遅れなのかもしれませんね。

もちろん電子マネー機能のみのSuicaを利用してもメリットはありませんが、クレジット機能の付いたSuicaならコンビニでもポイントを得ることができます。
なぜなら、Suicaにはチャージポイントというものがあり、クレジットでSuicaにチャージすればそのぶんのポイントが付与されるからです。つまり、コンビニで商品を購入するときは、現金で払うのではなく、利用する分の金額をまずSuicaにチャージし、それから払えば、ポイントを得ることができます。

またクレジット機能とSuicaを搭載したカードには、ビックカメラSuicaカードルミネカードなどがあり、チャージ時のポイント還元率も1.5%と、他のクレジットカードと比べても遜色のない割引率です。